ナカムラマコトの世界 / Мир Макото Накамуры

漆工芸家「中村真」の作品と展示情報を主に、かつて暮らした中央アジアの風景と工芸にも触れていきます。

“モックリン”の話

Posted by nakamura.m on  

瓢簞合子


”皆さんは雲を見たことはおありでしょう。でも、雲が産まれる瞬間を目にしたことは、案外記憶にないかと思いますが、いかがでしょうか?”

のんきなかたちの瓢簞を、これまたのんきにポカンと雲を頂に浮かべる丘に見立て、蓋物漆器を作りました。

実際にそのような丘って、中央アジアやチベットで目にすることが多いのです。

内側はボカシ塗り。手のひらの中に自然の大きな広がりを感じていただければ嬉しいです。
コンペイ糖やお茶入れに。

作品名:瓢簞合子 “モックリン”
サイズ:高11センチ×径7センチ
素材:瓢簞、漆、木材
技法:瓢簞造形、木彫、ぼかし塗り(内側)

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。