ナカムラマコトの世界 / Мир Макото Накамуры

漆工芸家「中村真」の作品と展示情報を主に、かつて暮らした中央アジアの風景と工芸にも触れていきます。

ウズベキスタンの器を繕う

Posted by nakamura.m on  

2016:6:30:リマ皿

"rimma"という、現地の絵付け作家の作品。
リムの部分のラスター彩にあわせて模様をほんのり浮き上がらせる、”夜桜塗り”というオシャレな名前の髹漆技術で仕上げてみました。
持ち主はとても愛用していたので、捨てるに捨てられなかったとのお話。ちょうどいいタイミングでした。
夏にお届けしますので待っていてください。


2016:6:25ガニシェル漆継ぎ

フェルガナ盆地リシタンの窯元より、頂戴した陶器。
大きな窯傷が広がり、帰国した時にはまっぷたつでした。
自生している植物の灰を1000度くらいの窯で加熱し、硝子結晶化したものを粉砕水簸した釉薬、現地の名称で”イシコール”釉を全体に纏ったターコイズブルーが眩しい。さらにイッチン描きで浮き出た模様がにぎやかで、存在感があります。
これも漆黒の繕いで良しとしました。

ウズベクの焼きものはきらびやかなものが多く、金を使わなくても華やかです。

春のウズベク訪問で、預かってきた器の繕いを紹介しました。
訪問の本来の目的は違うのですけど、嬉しいご縁です。

















































スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。