ナカムラマコトの世界 / Мир Макото Накамуры

漆工芸家「中村真」の作品と展示情報を主に、かつて暮らした中央アジアの風景と工芸にも触れていきます。

2017秋、展示のご案内

Posted by nakamura.m on  

2017/09/はとこ展4



 この秋、10月には展示が控えています。

 場所は昨年春に個展でお世話になった外苑前のギャラリー、アートスペース モルゲンロートさん。
今回は切子ガラスの作家、小川郁子さんと漆の私との二人展。

 小川郁子さんは、日本工芸会の公募展である日本伝統工芸展を発表の主軸に作品を発表しています。作品はよく見られる幾何学パターンが規則正しく刻まれるような”切子”の概念とは異なり、自由を感じさせる大胆な構成と、破格に深い彫り込みが軽妙に響きあうのが持ち味で、一目見てとってもおしゃれで美しいです。また、現代のガラス工芸の旗手として雑誌、テレビ、ラジオなどのメディアにも取り上げられることが多いので、本人の飄々と飾らない姿をどこかで目にしたことのある方も多いと思います。
 そんな小川さんは私とはハトコつながりであり、たまたま時同じく活動中。我々は残念ながら先祖をどこをどう遡っても芸術一族というわけではないのですが、偶然の縁を大切にしたいなと思って企画しました。

 切子ガラスと乾漆のそれぞれの素材感は、見た目は透明感に対してこっくりとした黒、手にした時の重厚感に対して軽やかさ、ひんやり感に対してほっこり感など、対比する要素が多い分展示の挑戦のしがいがあるというもの。
 そして、せっかく二人展なのだからとあえて組み合わせた共作もお披露目します。

さて、今回の展示はどのような空間となることやら。テーマは神無月。本番までドキドキです。

神無月の漆と切子
会期:2017年10月18日(水)から10月29日(日)*月・火曜日 定休日 
小川郁子(切子) 中村真(漆芸)
時間:13:00~19:00(最終日17:30まで)
会場:アートスペース モルゲンロート / art space morgenrot
〒107-0062 東京都港区南青山3丁目4-7 第7SYビル1F
東京メトロ銀座線 外苑前駅 神宮球場方面改札 1a出口より 約5分
東京メトロ銀座線・半蔵門線・千代田線 表参道駅 4A出口より 約8分
電話番号 050-3740-0628
ギャラリーHP、所在地案内
























スポンサーサイト

漆ヌリヌリワークショップ開催

Posted by nakamura.m on  

2017.6ミアザDM用

今年も都内で楽しいワークショップを開催させていただくことになりました。

しばらく前までは、箸やアクセサリーなどにテーマを決めて行なっていましたが、自由に漆を塗るスタイルにして2回目です。
参加者各自が持ってきた竹カゴに和紙を張ったり、お箸を塗ったり、手織りを漆で固めてコースターにしてみたりと、それはそれは大盛り上がりでした。
今回もいろいろ試してみましょう。さて、どうなりますやら!

事前相談もお受けいたしますのでいろいろご相談くださればと思います。

2週目ミアザワークショップ、初めての漆-ヌリヌリ大実験
10(土)11:00-16:00、¥6000漆・道具使用込、6名、中村真
木・石・紙・布・乾燥植物など、お好きなモノをご持参し、ワクワクの漆塗りをどうぞ。
※漆を使いますので注意を払い進行しますがかぶれる事もあります。その点ご留意ください。

詳細情報はこちらのリンクをご確認ください。http://miasa.world.coocan.jp/2nd-shop-top.html





































写真展「シルクロードの楽器作り」展

Posted by nakamura.m on  

写真展シルクロードの楽器作り1_convert_20170210082844


 奈良の中心「ならまちギャラリー2016」と、東京・谷中のギャラリーカフェ「HAGISO」の小ギャラリー「HAGIROOM」で中央アジアの文化紹介の写真パネルの展示「写真展 シルクロードの楽器作り」展を開催します。

 いつもの、漆作品の展示やワークショップの仕事ではありませんが、この文化研究も大切にしている活動です。
 内容は、パキスタン・ウズベキスタン・中国の新疆ウイグルの民族楽器工房を調査した写真記録より抜粋したものです。今まで日本にあまり紹介されたことのない中央アジアの工房の雰囲気を楽しんでいただければ幸いです。

 ここでは、一部ご紹介いたします。


R0022766_convert_20170210082930.jpg

盆地の街の楽器店。二代目若旦那が解説してくれた。
ウズベキスタン・アンディジャン

R0022644_convert_20170210082955.jpg

楽器工房。ここでは女性の職人も多く働いている。
ウズベキスタン・アンディジャン

RIMG0004_convert_20170210082607.jpg

親方のいない束の間、弟子たちが楽しそうにおしゃべりしながら塗装の仕上げをしている。
ウズベキスタン・タシケント

グルジャ

ドゥタールを手に、熱弁を振るう職人。
中国新疆ウイグル自治区・グルジャ


まだまだ続きます。是非会場でご高覧ください。


 奈良展会場
場所:ナラマチギャラリー 2016
〒630-8382奈 良市公納堂町 12 ならまち工房III
会期 :2017年2月 7日 (火)~ 2月 12日 (日)
時間: 11:00~ 18:00(最終日は17:00まで)

東京展会場情報
場所:HAGI ROOM
〒110-0001 東京都台東区谷中3-10-25 HAGISO
会期 :2017年2月 21日 (火)~ 2月 26日 (日)
時間 :12:00~ 18:00 (最終日は17:00まで)


主催 :「 シルクロー ドの楽器作り」展実行委員会























平成29年になりました。

Posted by nakamura.m on  

15942283_1047742478694080_1171207405_n.jpg

 昨年の年末から年越しの、新宿の京王百貨店にて開催した「宴のしつらえ」展が無事におわり、気がつけば平成29年となってから十日が過ぎてしまいました。
新しい出会いも多く、充実した会期でした。お忙しいところわざわざお越しくださった皆様に厚く御礼申し上げます。どうもありがとうございました。
 冒頭の写真は、ひょうたんの折敷をお求めになられたI様よりお送りいただきました。初釜の茶会でお使いになられたとのことです。
 嬉しいお知らせをいただき、作家冥利に尽きる年の初めとなりました。むくむくと力の湧く素敵な応援と感じています。どうも有難うございます。今後とも末長く宜しくお願い致します。


鳥片口ハガキ写真データ_convert_20170113171525

 おかげさまで活動が活動を呼び、充実した日々を過ごしております。どんどん加速しているようです。
当たり前ですが、一日は限られた時間しかなく、体は一つしかないのが悩ましくもあるのを年頭の話題にするのはどうかと思うのですが、今年は年賀のご挨拶状のタイミングを逃してしまいました。そして寒中のお見舞い状として少しづずつ書いては送っているのですが、これからお送りするのはかえってご迷惑になるような時期になってきましたし、何より次の活動ができません。
 今年こそは自分の本分をわきまえた、適切なマネジメントがしっかりできるようになりたいものです。

 さて、本年度の新たに始める活動は、地元の活動です!
松戸市のイトーヨーカドー八柱店内のカルチャー講座「ヨークカルチャーセンター」にて新規の金継ぎ講座を受け持つことになりました。1月20日に早速無料の説明、相談会を行います。講座スタートは2月からで、毎第1第3金曜日に開催致します。http://www.culture.gr.jp/detail/yabasira/itemview_3_903015788.html

 そして、6月には毎回好評をいただいているミアザワークショップ「うるしヌリヌリ大実験」

 展覧会は10月に昨年もお世話になりました、外苑前の工芸ギャラリー「モルゲンロート」にて予定しております。

では、本年も精一杯頑張って活動して参りますので、どうぞ宜しくお願い申し上げます。












迎春 宴のしつらえ展

Posted by nakamura.m on  

photo_sakka-3.jpg
atena_sakka-42.jpg

おかげさまで、いろいろと活動的だった今年の締めは、年越し展示です。
私の活動にいつも気にかけてくださっている皆様には多大なる感謝を申し上げます。

そして、来たる新年もどうぞ宜しくお願いします。

このカテゴリーに該当する記事はありません。